飼育用品ツノガエル

ツノガエルの床材フロッグソイルについて!ウールマットとの違い、掃除方法、誤飲の心配などまとめ

飼育用品

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、niru(@nirublog)です。
ツノガエルをお迎えしてからずっと床材にはウールマットで飼育していましたが、使用感の確認や、環境の変化を観察する為に、フロッグソイルを使ってみることにしました。

いろんな飼育方法を試すと勉強になりますよね。

この記事の内容
 ウールマットと比べてフロッグソイルを使うメリット・デメリット。
 フロッグソイルの洗い方や、おすすめの管理方法。
 買い替えのタイミングや、誤飲の心配など解説します。

順番にご説明します。

ウールマットを使っていた理由
  • ①汚れがハッキリわかる
  • ②洗いやすい。
  • ③ツノガエルを購入したお店の案内。

ウールマットでの飼育は、ケージ内の汚れや、水分量を確認し易いほか、洗いやすく、安価なため交換がしやすいという利点があります。

フロッグソイルに変更した理由
より自然に近い飼育方法に変更し、ツノガエルの変化を観察するため。

野生のツノガエルは湿った土に潜り、餌を待ち構えていて捕食します。
基本的に隠れて生活しており、あまり活動しません。

フロッグソイルのメリット・デメリット

フロッグソイルのメリット

  1. 自家中毒を予防
  2. ストレス軽減
  3. 健康的な身体づくり
  4. 消臭効果

①自家中毒を予防
フロッグソイルがアンモニア等の有害物質を吸着してくれるので長時間放置でも安心です。

②ストレス軽減
野生下では土などに潜って獲物を待ち伏せしており、本来のストレスの少ない環境を再現できる。

③健康的な身体づくり
ソイルを掘ることができるので、自然と同じ健康な足腰に育つ。

④消臭効果
消臭効果も優れておりウールマットより臭いがしません。

日々の生活が忙しい方におすすめ!
ツノガエルはお腹から水分を吸収するので、自分の排泄物に含まれる毒(アンモニア)を体内に蓄積し病気になることがあります。
フロッグソイルは頻繁に掃除しなくてもある程度、有害物質を吸着してくれますので安心です。
ツノガエルの臭いの原因と対策、適切な飼育方法とは
ツノガエルの臭いの原因と対策、適切な飼育方法についてご説明します。 ツノガエル飼いたいけど臭うかな?臭いはどうかな?どんな飼育環境がいいかな?

フロッグソイルのデメリット

  1. 汚れて見える恐れ
  2. プラケに傷が付く
  3. 洗える場所が限られる。
  4. 餌が引っ付く

①汚れて見える恐れ
動き回る個体の場合、フロッグソイルの粒を潰し水分と混ざって泥のようになります。それがツノガエルの身体やケージ内につくと、見た目が悪くなることがあります。

②プラケに傷が付く
プラケで飼育した場合はケージが擦れてに傷になりプラケの透明度が悪くなります。

③洗える場所が限られる。
フロッグソイルが排水溝に詰まる場合があるので注意が必要(フロッグソイルの洗い方)で説明します。

④餌が引っ付く
人工飼料を落とした場合、フロッグソイルが引っ付くので最悪の場合使えなくなります。

フロッグソイルの洗い方

1週間に1度の掃除

  1. バケツに水とフロッグソイルを入れる。
  2. フロッグソイルを洗う。

フロッグソイルの粒は強く洗うと砂になってしまいます。
お米を研ぐより、「優しく」洗って下さい。

注意!!お風呂では洗わない方がいい。
フロッグソイルを洗う場所は、砂が流れる前提のベランダや屋外をおすすめします。
お風呂で洗う方を見かけますが、排水の構造によってはフロッグソイルが詰まる恐れがあります。
お風呂場に限ったことではありませんが、ご自宅の構造をよく確認してフロッグソイルを洗って下さい。
洗う場所には注意です。

おすすめの管理方法

2ケース分のフロッグソイルを用意し、1週間ごとに使用、洗って天日干しを繰り返す。

太陽光に含まれる紫外線によってカビを殺菌し、フロッグソイルをできるだけ衛生的に長持ちさせることができます。

買い替えのタイミング

ネットで検索すると約1ヶ月と表現している場合が多いですが、上記の管理法では3ヶ月使っても問題はありませんでした。

個体差でソイルを掘る運動量が違うと思いますので、ソイルの粒が小さくなってきたら交換くらいで問題ないと思います。
私の飼育では3ヶ月程度に1回です。

誤飲の心配

少量の誤飲であれば、自然に排出される。

野生のツノガエルも餌と一緒に、土や砂を食べてしまっています。
もちろんCB個体は野生のツノガエルに比べ消化器官が強くない可能性があります。
できるだけ誤飲いないよう、餌やりは注意して行って下さい。

フロッグソイルの商品説明
使用上の注意 給餌の際、エサにフロッグソイルを付着させないように注意してください。
誤飲したフロッグソイルは少量であれば自然に排出されますが、多量に誤飲すると消化器官を詰まらせる恐れがあります。

何事も限度がありますね。

まとめ

フロッグソイルに変えることで自然に近い環境を再現でき、湿度の維持もかんたんです。
ツノガエルのストレスを減らし、丈夫な足腰を作ることができます。

環境さえ整えれば、ほとんど手をかけることはありません。

仕事で疲れ切ったサラリーマンでも、ツノガエルを見て癒やされ、餌を与えて楽しむことができます。
一緒にツノガエル飼育を楽しみましょう。

飼育方法はこちら
【初心者向け】ツノガエルの飼育は難しい?飼育環境や必要なもの、日々のお世話について。
僕が飼育しているベルツノガエル・クラウンウェルツノガエルの飼育方法を10年近い経験からご紹介します。 ツノガエルの魅力・飼育環境や必要なもの・日々のお世話・トラブルなど。ツノガエルを飼ってみたいな!飼育は難しいかな?という方は是非最後までご覧下さい。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

購入はこちら

スポンサーリンク
シェアする
nirublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました