REAKTORにはショートカットの他にも、パッチングなどを行うにあたって便利な機能がありますので、併せてご紹介します。

 

1.ショートカット

こちらのページからの抜粋です。コピペや複写は紹介しなくてもいいですよね…。

 

1-1.モジュールのサーチボックスを開く([Enter])

パッチングを行っていると、頻繁に使用するモジュールがあります。筆者の場合は”Note Pitch(MIDI In)”モジュールや”Gate(MIDI In)”モジュール、”Math”でカテゴライズされているモジュール全般やオシレータ類、”Audio Voice Combiner”などです。

モジュールの読み出しはストラクチャで右クリックすることによって実行できますが、はっきり言って効率的ではありません。

読み出したいモジュールの名前が分かっている場合、サーチボックスを使用すると効率的にモジュールを読み出すことができます。ストラクチャ画面をアクティブにした状態で[Enter]キーを押す。ただこれだけです。

例として”Note Pitch(MIDI In)”モジュールを読み出してみましょう。”note”と入力すると以下のような検索結果が表れます。

文字入力が途中でも、選択されているモジュールが読み出したいモジュールである場合、[Enter]キーを押せば読み出すことができます。

また、上の図のように、関連するプリセットモジュールやインストゥルメントも検索の対象となります。

四則計算のモジュールの場合は、[+]、[-]、[*]、[/]を入力し[Enter]キーを押すだけで読み出すことが可能です。

読み出し結果は履歴として残るので、それも活用すれば効率的に作業を進められます。

 

1-2.パネルのロック/アンロック(Mac:[Cmd] + [E] Win:[Ctrl] + [E])

パッチングを進めていく中で、パネルに表示された”Knob”モジュールなどの操作子やメータ類は動作の確認のためにパネルのロック/アンロックをまめに行う場合があります。意外と面倒くさいので、ショートカットを覚えていると作業が少し楽になったりします。

 

2.便利機能

2-1.入力ポートを自動的に増設する。

“Add”モジュール、”Multiply”モジュール、”Amp/Mixer”モジュールなど、用途上、入力ポートを増やせるモジュールがいくつかあります。また、”Macro”も”In Port”モジュールを格納することによって同様に増やすことができます。

ポートを増設できるモジュールには外観に共通点があります。並んでいるポートの下に、小さく「…」と描かれているのが特徴です。

モジュールの場合、ポートの数は”Function”タブで設定することが可能ですが、もっと簡単な方法があります。

例えば、下図のような状態で”Add”モジュールに結線したいとします。Macなら[Cmd]キー、Winなら[Ctrl]キーを押しながら接続したいモジュールに配線を近づけていくと…。

“Add”モジュールの入力ポートが自動的に増設され、結線されました。

“Macro”の場合も同様です。その場合、”In Port”モジュールが内部に自動追加されます。

 

2-2.ワイアデバッギング

パッチングしたインストゥルメントやアンサンブルが思わしい動作をしない、音が鳴らないなどの場合に、どの配線にどんな信号が流れているか確認することができます。これは「ワイアデバッギング」と呼ばれています。ストラクチャ画面の左上にある、虫のアイコンが目印です。

クリックしてアクティブにした状態で、確認したい配線の上にマウスオーバーすると、信号の内容が表示されます。

 

[MORE]